ゲーム

最近気になってるゲーム。スプラトゥーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんばんは、菅原です。
最近気になっているゲーム。スプラトゥーンについて感じたことをまとめたいと思います。
ちなみにソフトはまだ買っていません…。

Splatoon(スプラトゥーン)とは、2015年5月28日に任天堂から発売されたイカしたイカTPSゲームである。対応ハードはWii U。
ニコニコ大百科より

ご存じの方も多いと思いますが、スプラトゥーンはカジュアルな雰囲気のTPSゲームです。
このゲームは個人的に結構なショックを受けたのでそのことを書いておこうと思います。

TPSはマニア向け?

個人的にTPSやFPSといったゲームジャンルはコアなマニア向けだと思っていたのですが、
このゲームの登場によって、その考え方が覆りました。

TPSと聞いて連想する雰囲気は、薄暗い戦場で隠密行動しながら銃撃戦をしてキル数を稼ぐ。
そんなイメージが強くて、実際に今まで遊んだことあるTPSのゲームもそんな感じの物が多く、
とても家族みんなで盛り上がって遊んだりするというようなことは想像もできませんでした。

しかし、このスプラトゥーンはTPSでありながら
カジュアルな雰囲気となっており、すごくとっつきやすくてファミリーで遊んでも
楽しめそうなオーラを感じます。

なかなか敷居の高いと思われるゲームジャンルをここまでカジュアルにしたのには脱帽です…

ゲームの目的はキルではない

銃撃戦をするゲームは大体、敵を撃ってその数を競ったりするものですが、このゲームは違います。

使用する武器は水鉄砲のような銃やインクの付いたローラーで
ステージをより多く塗ったチームが勝ちとなります。

塗っている最中に敵をキルすることはできますが、
それは塗る作業の妨害であって、キルしたところで得点にはならないようです。

これが個人的にはすごく衝撃的でした。

ゲーム無いとはいえ、自分の分身となるキャラクターをキルされたり
相手のアバターをキルしたりしてると、結構ギスギスしてきます…
アバターとはいえ、倒されると結構つらいものがあります。

そんな問題を解決してるのがこの塗るのが目的というシステムだと思います。

お互いにキルすることが目的ではない為、
アバターは自分の分身というよりは、
インクを塗るための人形みたいな距離感になるのではないでしょうか?

目的がステージを塗ることなので、キルされたことに関しては
よりいっそうどこか他人事のように感じるような気がします。

PVPスタイルではありますが、ステージが共通の攻撃対象となることによって、
プレイヤー同士が憎しみ合うような事は少なそうです。

これはうまい仕組みだな。とずっと感心しています。
こんなこと考慮されていないかもしれませんが…

今後の展開も気になる

スプラトゥーンはあのゲーム会社にしては珍しく
半年くらいかけて無料のアップデートを行うようで
このゲームがどうなっていくのかとても気になるところです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。